様々な恋愛の形

カップル

配慮しつつ進めたい

業者を使って婚活イベントに参加するのとは異なり、社内恋愛は無料で出会えるのが大きな魅力です。社内恋愛で気をつけたいのが既婚者との恋愛です。上司に仕事の相談にのってもらっていると恋愛感情が生まれることがありますが、相手に伴侶がいる場合は不倫関係に陥らないようにしないといけません。不倫が伴侶にばれた時は慰謝料を請求されますが、支払うことになる相場額は50万円から300万円です。こうした問題を避けるためにも、社内恋愛で既婚者に恋をした際は相手の家庭状況を良く窺うことが大切です。離婚を考えている既婚者であれば、きちんと法的に別れが成立してから社内恋愛を実らせましょう。どんな理由があっても入籍して同居している既婚者と男女の関係になった場合、自分に過失が認められます。特に社内恋愛から上手く結婚に持ち込めても、周りの同僚が不倫に気づいていた場合は評判が悪くなってしまいます。また社内恋愛のメリットは付き合う前に相手が既婚者かどうか周りの人に確認できることです。結婚指輪をつけていなくても既婚者の可能性はありますので、周りの人に訊ねてみましょう。既婚者に恋をした際にかかる費用は、自分磨きの支出です。女性であればメイクを変えたり服装を相手の好みに合わせたりしてみましょう。また男性も髪形を変えたりダイエットを始めたりして恋愛に勝てる自分になれます。こうした支出額に相場はありませんので、自分の負担にならない範囲でイメージチェンジできます。